ブライダルオーダーメイドブーケ、ウェディング用プリザーブドフラワー専門店

Floral Windbell フローラルウィンドベル
ブライダルオーダーメイドブーケ、ウェディング用プリザーブドフラワー専門店〒612-8434 京都市伏見区深草
加賀屋敷町3-6ネクスト21-Ⅱ401号
TEL 075-646-3011

オーダーメイドブーケ

HOMEオーダーメイドブーケ商品一覧お客様の声お支払と配送方法お問い合わせ

オーダーメイドブーケ

オーダーメイドギフトお客様へスピーディーにお品物をお届けするなら、当然、たくさんの在庫があるほうがよいでしょう。

数ある「ブーケ」の中から、お客様のドレスにマッチしたものをお選びになるのも、もちろん楽しいと思います。

しかし、当店では、花嫁様のために、世界にひとつだけのブーケをお届けしたいので、オーダーメイドにこだわっています。

ブーケは幸せの象徴です。ご結婚式をともにしたブーケは、末永くあなたのそばで、ご夫婦の幸せを見守ってくれることでしょう。

オーダーメイドブーケは、お客様からご注文をいただいてからおつくりするため、完成までにはじゅうぶんなお時間をいただいています。お手にとっていただいた瞬間の笑顔を想像し、ひとつひとつ、丁寧に心をこめてアレンジさせていただきます。そのため、お急ぎの場合は、お引受けできないこともありますので、あらかじめご了承くださいませ。

デザイナー紹介

加納久美子加納 久美子(1958年東京都生まれ)
国際フラワーアレンジメント協会所属
公認フラワーコーディネイター
IFAプリザーブドフラワーデザイナーズインストラクター
オルネフラワー協会公認講師


加納久美子より ごあいさつ

みなさまはブーケの由来をご存知ですか?

その昔、男性が思いを寄せる女性に気持ちを伝えるために、野に咲く花を摘んで花束にして持っていったというのが由来とされています。

女性のYesの気持ちの証として、受け取った花束の中の一輪を、男性に渡したのがブートニアの始まりです。

とても素敵なお話ですね。 ブーケには特別な思いが込められているんですね。

時が移り、そんな昔の風習も変わってきました。

いまでは、晴れの日のドレスを、より美しくみせるアイテムとして、花嫁様がブーケを用意をするのが一般的になりました。

現代のブーケには、いろいろ花材や形があり個性豊かなものが次々に誕生しています。

特に生花を保存加工したプリザーブドフラワーは、最近のブーケの中でも人気が高く、結婚式が終わったあとでも永く楽しんでいただける特長を持っています。

カラーバリエーションが豊富であることからも、ドレスともあわせやすいのが、うれしいメリットですね。

わたくしども オーダーメイドブーケ専門店のフローラルウィンドベルでは、花嫁様のブーケに対する思いやイメージをなによりも大切にするため、ブーケの素材を吟味しお客様のご希望に添えるブーケ作りを 日々こころがけています。

特に、当店オリジナルのオルネフラワー(金属の装飾花)ブーケの美しさは、花嫁様をより輝かせてくれるアイテムとしてお薦めしております。

輝かしい晴れの日を、心を込めておつくりした、世界でひとつだけのオーダーメイドブーケでお迎えいただければ幸いです。

幸せの瞬間を彩るブーケデザイナー 加納久美子

活動紹介

2009年3月 
雑誌ロザルバ No.14 FAUCHONとのコラボケーキ(新宿タカシマヤ出展)
2009年7月 
FSSプリザーブドフラワーコンテスト入選
雑誌Pretty Preserved Vol.21 壁掛けアレンジ掲載(ローラアシュレイの壁紙)
2009年12月
雑誌Pretty Preserved Vol.22 FSSコンテスト入選作品掲載
2010年4月
雑誌Pretty Preserved Vol.24 Happy Wedding Collection 2010 ブーケ掲載